犬と猫の手作り食の不安を解消!ペット食育協会上級指導士による、安心、納得の食育講座

内臓の充電

内臓の充電

こんにちは。

今日は、薬膳とは切っても切れない中医学のお話です。


私は更年期にさしかかったあたりから、何となく体調不良を感じるようになり

すべてがストレスが原因だとばかり思っていました。


だって、食事の内容には自信がありますからね(^-^)v


そしてお世話になり始めたのが、漢方薬局なのですが

こちらの先生は、毎回とてもカウンセリングを丁寧にしてくださって

親身になって相談にのってくださいます。


実は私が薬膳にのめり込んだのも、こちらの影響がかなり大きいです。


中医学では、気の流れと血の流れを基本に、体を調整していきますが

いくらそれに効果がある漢方薬や薬膳効果のある食材を食べても

それを吸収して活用できる体でなければ、努力も報われません。


ところで皆さん、夜更かしはしていませんか?


実に、私のウィークポイントはそこでした!


家族の帰宅が遅いので、それに合わせた遅い夕食と

出勤や通学の時間が早い家族が優先の入浴の時間で

いつも私が床につくのは深夜の2時、3時(^_^;


それでも若いうちは無理がきいたんですけど、年齢には敵いませんね(汗)


お肌の再生時間が、22時~2時というのは、ご存じの方も多いと思いますが

実は内臓も同じなんです!

たとえ眠らなくても、少なくても23時~1時までは

横になって休んだ方がよいそうです。


漢方薬局の先生に釘をさされてしまいましたので

その時間にはちょっとソファでゴロンとしていると

そのまま眠り込んでしまい、やりかけたこともできなかった失敗も数回(・・;


だったら、ちゃんと布団で寝た方が、体のためには良かったと後悔したりして^^


ただ、これは人間だけの話ではないんです!


夜更かしの飼い主に付き合わされたペットも、同じように

内臓の充電ができません。


それによって気や血の流れが乱れ、内臓の機能が衰えて

いろいろな病気やガンを発症したりします。


どうしても飼い主さんが、夜更かしをしなければならないような

状況なのであれば、ペットが静かに眠れるスペースを

確保してあげることが必要ですね(^-^)


コメント

  • 気をつけなくては

    初めてこちらにコメントします☆
    お肌のゴールデンタイムでもあるその時間…。
    12時前にはなかなか寝られませんが、少しでも早く寝られるようには気を付けています。
    本当は早寝早起きが良いんでしょうが…。
    自分の為にもセニョのためにも、気を付けます!!


  • うなのまるこ様

    コメントありがとうございます(^-^)

    本来なら、自然の摂理で朝日とともに起きて、夕日が沈むときには寝るという
    電気がなかった時代のような生活がよいのでしょうけど
    現代社会では無理なことですものね。

    せめて日付が変わるころには、床につけるようにしたいですが
    我が家でもそのころに帰宅する家族もいるので、なかなか難しいことです。

    せめてセニョちゃんだけでも、ケージなどで早めに寝られるといいですよね。



認証コード4416

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional