犬と猫の手作り食の不安を解消!ペット食育協会上級指導士による、安心、納得の食育講座

漢方と栄養学の違い

漢方と栄養学の違い

先日、主人が出張で中国に行って

とんでもない目に合って帰ってきたようですが

中国は、決して悪いことばかりではありません。

なにしろ4千年の歴史をもった国です。

中でも中医学は、最近見直されていて

西洋医学の医師によっても、治療に導入している病院もあるくらいです。

ペットに於いても、飼い主のインターネットによる意識調査で

飼い主の6割以上が“西洋医学”と“東洋医学”の両方に期待しているという

結果がでているようです。

【ペット(犬)の医療に関するインターネット調査より】

エルムス動物医療センター(本院:東京都杉並区、院長:早田明)は、
全国の20歳以上の現在犬を飼っている男女225名に、
飼い犬のケガや病気における治療法やリハビリに関する
インターネット調査を実施しました。
以下に調査結果を報告するとともに、動物医療における
リハビリの役割や統合医療(※)の重要性などについて解説します。
※統合医療・・・西洋医学と東洋医学の良い点を組み合わせた治療法の総称

わずか225名による調査ですから、すべての飼い主さんが

同じような考えかどうかはわかりませんが、飼い主の立場で考えると

私だったら、西洋医学でも東洋医学でも、病気を治してくれるのなら

どちらでもいいですよね。

でも病気にならないことが一番です。

漢方には「未病」という考え方があります。

ちょっとした不調などが現れたときに、心身のバランスを整えていきます。

漢方には、薬膳はもちろん、鍼灸、気功、養生法などあります。

漢方=漢方薬ではありません。


漢方では、表面上のトラブルをみるのではなく

症状の根本を探って、解決していきます。

心と体全体のバランスを整えて、健康的に生きるための方法です。

飼い主が日常的にペットにしてあげられる唯一のことは

食事の管理ですよね。

現代栄養学では、6大栄養素やカロリーなどを中心に考えますが

漢方では食べ物の効用は、成分分析表だけで判断することはできないと

考えています。

漢方では、個々の体質を考えた上で、臨床経験に基づいた食事療法を行います。

それを考えると、封を開けてパラパラと器に盛るだけの食事では

心身のバランスを維持できるのか、改めて考えさせられます。



今日はちょっとお勉強をしたので、オマケの画像はコレ(^-^)

お勉強

コメント

  • 今日はお天気いいですね^^

    こんにちは^0^
    嵐の前の静けさでしょうか?
    今日は物凄くお天気ですが、
    明日は上陸、荒れるようです><
    お気を付けて~^-^;!

    ☆P


  • 京師美佳様

    びっくりしましたぁ!
    コメントありがとうございます(^-^)

    今日は9月末とは思えないほどの暑さですね。
    台風の前の静けさ、怖いですね。
    京師さんも、お気をつけてくださいね^^


  • 気持の良い快晴です^^

    こんにちは^^
    台風大丈夫でしたか?
    こちらも、無事に通過しました。
    では、今月も頑張りましょう♪
    素敵な1日を^0^♪


  • 京師美佳様

    昨夜はものすごい風雨でしたね。
    外に置いてあるゴミ箱の蓋が、飛んでいました(^^;
    その他は無事でしたが、酔っぱらっていたので
    あまり気にならずに寝てしまいました(笑)



認証コード2744

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional